アンケート調査によるリサーチ力の動向と課題

多様化するアンケート調査の種類

アンケートといえば、店頭の片隅においてある用紙やはがきに記入し、店舗経営などのマネージメントをおこなう部署などに送付するのが昔では一般的でした。つまり、各企業ごとの改善点などを見つける目的だったといえます。アンケート調査はリサーチ力がすべてですので、できる限り大きい母集団に対してリサーチをかけることが必要となります。それは、企業ごとのアンケート調査に始まりリサーチ会社などの色々な業種や年代の入り混じった母集団に働きかけることは非常に重要であると考えます。

インターネットによるアンケート調査

インターネットが急激に普及したあとは、企業が個々にアンケート調査をすることは非常に少なくなりました。リサーチ業者などの第3者を介して幅広い年代や業種の母集団からリサーチし、多角化するニーズに応えようとする企業の動きが非常に活発となってきました。アンケート調査により、既存商品の改善、調査はもちろんのこと、新商品を開発するなど将来に向けての動向をいち早くキャッチし、挑戦する動きとなっていることは間違いありません。

アンケート調査からみえるもの

では調査はどのように分析され、使用されるのかですが、年代別や業種別に細かく分別され、そのうえでのニーズや動向をとらえることが重要であると考えます。アンケート調査による赤裸々な回答は、反省点を見つけ出すことはもちろん、ひょんなことから、ヒット商品の先駆けとして利用される原点となることも多いのではないかと思います。非常に多角化したニーズを一本の線をたどるように求めていたものにたどり着けることになる布石と言えるでしょう。

芸能人や最新グッズの人気調査、経済動向についての一般意識調査など、WEB上で行うアンケート全般をさしてネットリサーチと呼びます。