タクシー運転手になる為の基礎知識

タクシー運転手の概要

タクシー運転手とはその名の通りお客さんを乗せて目的地まで運ぶタクシーを運転する人の事を言います。

会社に所属する場合がほとんどですが中には独立して個人で運営している場合もあります。

日本では自動車の第二種免許を取得していない場合はお客さんを乗せて運転することは出来ないため必ずこれを取得しなければなりません。

またナンバープレートも事業用の緑のプレートが義務付けられています。

また従事する運転手の年齢も幅があり、定年後にこの職業に就く人が多いため高年齢の割合も高いといえます。

タクシー運転手の賃金体系

タクシー運転手の賃金体系は歩合制のところがほとんどであり、自由に仕事が出来ることは出来ますがお客さんがつかなかった場合は賃金がばらつく事もあります。

平均的な年収は300万いかないくらいであり、多い人では1000万程あり少ない人では200万前後という事で低い固定給と歩合制というがこのようなバラツキを呼びます。

このような成果主義から人を乗せるために工夫を行ったり、また揉め事も少なくありません。

基本的に暗黙の了解とされているものやルールなどが決まっているため、抜け駆けしようとすると批判されるので注意が必要です。

タクシー運転手になるために知っておく事

タクシー運転手になるために知っておきたいのは先ほどの賃金体系とルール以外にお客さんへの対応です。

不特定多数の人が利用する乗り物であり、特にお酒を飲んだ人が利用することが多いのです。

お酒を飲んだ人は絡んで来たり、吐いたりと対応に苦慮します。

また女性が酔って寝込んでしまった場合は身体を触ったりして起こしたりするとトラブルの元になる場合もある為気をつけなければなりません。

基本的には車が商売道具になるためタバコを車内で吸うことも出来ません。

もちろんタクシーに限らず苦労することも多い仕事ですが頑張れば頑張った分だけ給料に反映されるということはある意味やりがいがある仕事の一つとも言えます。

企業によっては役員運転手を正社員として雇用していることもありますが、運転手派遣サービスを提供する会社を活用すると、人件費を抑制することができます。