機械系でも大丈夫!システム開発ってこんな仕事、本当はこんな人が向いている

多くの人が誤解している「システム開発」の仕事の内容

機械系の就職を探している人が求人広告を見たとき、システム開発という求人があったとしても分野外なのでちょっと・・・と就職先の候補から除外していませんか?確かに、システム開発と聞くとパソコンの前でキーボードと向き合ってひたすらプログラミング言語を入力する、という業務を想像する人は結構いそうです。でも、システム開発とは、広義的には「仕事をやりやすくする仕組みを構築する」ことを指します。例えばオフィスの文房具を勝手に持っていく社員が多いのでいつの間にか在庫が枯渇している、といった対策として持ち出し簿を設置して、使った量を管理するやり方に変える、これも一つのシステム開発です。とてもパソコンスキルだけで事足りる仕事ではありません。

システム開発の業務システム

仕事をより効率よく、やりやすくするという「システム開発」では、まずは現状の洗い出しから始まり、問題点の抽出、解決策の検討、システム化という大まかな流れに沿ってシステムが構築されていきます。現状の問題点を探すにはとにかくたくさんの現場の意見を収集する必要があり、まずは情報収集能力が必要になります。また、抽出された問題点から解決の糸口を見つけ出すには、複数の考え方を出し合って検討していかなくてはいけません。

システム開発に向いている人ってどんな人?

システム開発は情報処理系の学校を出ている人が有利だと思っている人もいそうですが、パソコンを使うシーンは業務フローで表すと、決定した仕組みを実際に社内プログラムとして構築したり、入力データを作成するなど一部分にすぎません。システム開発に求められるのは問題解決に必要な、情報収集能力、分析力といったどんな業種でも求められるスキルであると言えます。また、解決策の模索に当たってはスタッフと意見を出し合う必要があり、コミュニケーション能力が高いことも求められます。

グループ内での情報共有などができるnotesのバージョンアップをする際、バージョンによっては手順が大変なので、バージョン間の非互換チェックをするツールか専門としているところに依頼をしましょう。