簡単にわかる!用途に適した印刷の種類を選ぼう

家庭向き、写真向きのインクジェット

インクを用いて印字する方法が、インクジェット印刷です。プリンターのヘッドという部分からインクを吹き出し、紙に染みこませて色をつけます。インク同士がにじみあうため、幅広い色合いが生まれるのが特徴です。したがって、色合いを重視する写真や絵などの印刷に適した方法といえます。ただし、一般的な家庭用インクジェットプリンターは、水性インクを採用しています(一部に油性インクを用いるメーカーもあります)。水に弱い性質があるため、濡れやすい環境には向いていません。

ビジネス向き、文書向きのレーザー

レーザー印刷は、インクのかわりにトナーという粉を吹き出し、熱で紙に定着させる方法です。粉が付着しているだけなので、インクジェットのように色のにじみがなく、はっきりした色合いが特徴です。水濡れにも強いため、色合いの幅を気にせず、様々な環境がありえるビジネス用途に適したプリンターです。また印刷速度が格段に早い点、1本のトナーで大量の印刷ができる点も特徴といえます。レーザー製品は、スモールオフィス向けのコンパクトなものから、大規模な場所向けの大型複合機まで、ラインナップが多様です。

インクジェット、レーザー、選ぶポイントは?

これまで紹介してきたように、インクジェットは色の幅が広いこと、水に弱いこと、レーザーは水に強いこと、印刷速度が早いことが特徴です。さらに重要なのが、コスト面です。インクジェットは本体価格が安く、印刷コストが高め、そのいっぽうでレーザーは本体価格が高く、印刷コストが低めです。このコスト面も、インクジェットが家庭向け、レーザーがビジネス向けといわれる所以です。インクジェットとレーザーのボーダーラインとなるのが、1日100枚印刷するかどうかです。1日100枚以下の場合は、インクジェットでもコストの損にはなりません。しかしそれ以上の大量印刷をする場合は、レーザーが安くつきます。

封筒印刷とは封筒に宛名や住所を印刷することでパソコンがあれば自分で印刷することもでき、印刷専門業者に注文を依頼することもできます。